2016年09月17日

タヒチフェスタ&ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ

この3連休はお台場ではタヒチフェスタが開催されていまするんるん
現地プロタヒチアンダンスグループや現地アーティストのステージが楽しめます。
本場タヒチアンダンサーの踊りが見れるー揺れるハート
又、日本のタヒチアンダンス教室も3エリアのステージでパフォーマンスしています。
本校、ヘレヒアの皆様も18日(日)15時〜パレットプラザにて出演(^^♪
頑張って下さいexclamation×2

そして、後楽園ではナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイが開催るんるん
ハワイを代表する二大イベント『メリー・モナーク・フェスティバル』と
『ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ』を日本でまとめて見られる唯一の機会が
『ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ』です。なんと贅沢な黒ハート
『メリー・モナーク・フェスティバル』は、最高峰のフラ競技会として世界中から注目
されているフライベント。
今年の『メリー・モナーク』から、総合優勝、ミス・アロハ・フラをはじめとする上位入賞団体が
来日し、本場のステージを日本で再現するそうです。
『ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ』はハワイ版グラミー賞といわれる音楽賞で、
授賞式の様子はハワイ全土でテレビ中継されています。
トップクラスの出演者が繰り広げる“フラ”と“ハワイアンミュージック”の華麗なる競演を、
日本最大・最高峰のフラの祭典『ナヒヴァ』で見れちゃうのです黒ハート
『ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ』といえば・・・・
今年受賞をされました、いつもご指導頂いているナタリー先生もこのナヒヴァに出演が決定ぴかぴか(新しい)

タヒチフェスタの応援にも行きたかったのですが、先にチケット購入してしまったので、
ナヒヴァへ明日行きますー(長音記号1)
今からとても楽しみです(*‘∀‘)


IMG_7382.jpg

bn_kawailani.jpg
posted by Hula Halau O Kawailani at 18:18| Comment(0) | ハワイ・タヒチのこと

2016年05月30日

Congratulations

昨日は日本からドキドキしながら速報を待っていましたー(長音記号1)
ハワイ時間ですと2016年5月28日(土)
ハワイ音楽界における優秀アーティスト、作曲家、演奏家に各賞が授与される
「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」がホノルルで開催されましたカラオケ
ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アートによるハワイのグラミー賞とも
称されている「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」

毎月レッスンでご指導頂いているナタリー先生が、2部門で受賞exclamation×2
Congratulationsぴかぴか(新しい)おめでとうございます黒ハート

Female Vocalist of the Year(最優秀女性ボーカリスト賞)
Natalie Ai Kamauu/ナタリー・アイ・カマウウ, La la la la

Single of the Year(最優秀シングル賞)
Shower Tree, Natalie Ai Kamauu/ナタリー・アイ・カマウウ

unnamed.jpg

関連URL
フェースブック(/melemei/): https://www.facebook.com/melemei/?fref=ts
こちらから動画が見れます。


bn_kawailani.jpg
posted by Hula Halau O Kawailani at 15:31| Comment(0) | ハワイ・タヒチのこと

2015年12月03日

マウナケア

今年、ハワイ島のマウナケア(標高4205メートル、ハワイ諸島で最も高い火山)で
何が起きていたか皆さんご存知ですか?
マウナケアの山頂に、なんとテレスコープを建設予定だったのです。
分かりやすい例えだと、日本で代表する富士山の山頂を掘り起こし、大きな天体観測所を
建設するようなものだったのではないかと思います。
マウナケアはハワイの人々にとって、雪の女神ポリアフなど多くの神々が住む聖地であり
先人達は聖なる地で様々な儀式を行い、この山をとても大切にしてきたそうです。
ネイティブ・ハワイアンや環境問題グループは建設による環境破壊や観測所のもたらす環境汚染
文化的に重要な土地が汚される懸念、さらには貴重な固有植物、生物などに対する影響を危惧して
建設反対を唱えていたそうです。
たくさんの人々が心を痛めていた問題・・・・
そして、工事の規模が他の観測施設と比べものにならないぐらい大きく土地の掘り起こしなどが
大規模に行われ、ネイティブ・ハワイイアンの遺跡が破壊される可能性もあると・・・
そして、反対運動が起こり建設が中断されていました。

先日、州当局による建設認可の審査手続き過程に問題があったとして、認可そのものをいったん
無効とする州最高裁による判決が下されたそうです。
このため、建設する側が新たに一から再申請しないといけないことになり、この先数か月、
または数年間は建設が再開されることはなくなり、建設の中断はこれまでの一時的なものから、
ほぼ半永久的なものになったとする見方が強まったそうです。

日本でもたくさんの署名運動が行われていました。
「We are Maunakea」とインスタやFacebookでも見た方もいると思います。
自分たちの土地・自然を守るのは、人類です。

54FA674196314319B898DBDA35E7CFB1_L.jpg

bn_kawailani.jpg
posted by Hula Halau O Kawailani at 19:15| Comment(0) | ハワイ・タヒチのこと